読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

170405

ようやく寒さから抜け出した感じですね。

でもまだまだナイターは寒いから注意です。

 

 

私的ジャイアンツのあのスタメン、

若手が食い込んでて凄いなって思いながら見ています。

 

あの球団は、本当に厳しい。

リアルに生きるか(残留)死ぬか(戦力外)の世界を

目の当たりにさせられるチームです。

 

「ここで打たなかったら二軍」

 

「二軍でも打てなかったら三軍」

 

「そして迫る戦力外の三文字」

 

奈落の底へ一直線、恐ろしいものです。

 

そして他の球団と違うのが、

自分の代わりが山ほど出てくるということ、

それが同じチームメイトだったらまだしも、

突然やってくる人間が多すぎる。

 

そんな現実を目の当たりにさせられたら、

誰だって死にもの狂いで頑張ると思うんですよね。

 

20代の選手は本当に凄い努力を重ねたんだと思います。

 

けど、

別に横浜が努力してないわけではないんです。

焦るな、言いたいのはそれだけです。

 

最近、失策ランプの点灯がよく点灯するんですよね。

失点だけはいけません、あのランプは異常な空気を作り出します。

 

打てない、抑えられない、

ぶっちゃけて言うならこれらはどうにかできます。

何かきっかけさえ掴めれば、

まだまだ流れは変えることができます。

 

しかし、あの悪魔のランプはそうじゃない、

相手チームにチャンスをもたらし、

自分のチームには最悪の空気を醸し出す、

そして何より、空気が一気に相手に持っていかれる、

これが非常につらい。

 

失策した人間も精神的に追い詰められ、

周りの人間もどことなく不穏な空気を自然と作る、

まさにあのランプは精神的な面で追い込んでくる。

 

 

まずは、あのランプを点灯させるのをやめよう、

それだけでも、希望のランプが灯るはずです。

 

 

勝利に目が眩んで焦ってはだめです、

自分を見失わないように、自分のプレーをすればいい、

人を思いやる気持ちを忘れなければ、きっといい結果が出るはず。

 

 

 

横浜開幕3日目、勝利を掴もう。