読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

170217

情けないですね。

 

 

自分が情けなくて泣きました、

しかも会社で、これはひどいにもほどがある。

涙袋がでかくて良かったって感じです。

自分の出来なさにあきれると同時に、

あきれられる態度をされたのでそれが引き金で、

なんかパニックになったよね、感情が。

 

書きながら思い出しても、非常に馬鹿馬鹿しい。

 

駅までの道で感情と反比例するかのように、

涙が零れたよね、「え」ってなったよね。

 

一歩一歩踏み出すたびに、

その揺れで涙袋から零れているのかと思ったけど、

そうじゃない、これはもはや潤んでいるとか、

そんな次元ではなかった、歩きながら泣いていた。

 

ぶっちゃけて言えば、

出来なかったのは本来の仕事ではないと言いますか、

これがまた微妙なものだったわけで。

極端に言えば、

 

なんでこんなことやらされているんだ

 

っていうやつです。

(まぁ仕事も理解が遅くてあきれてるけど)

でもやらなければならないのは事実なので、

取りあえずやっていますが、なんかもう限界、

というか本当にやってる意味が分からない。

 

その影響なのか、心身的にバランス崩れまくって、

朝起きると握りこぶし作ってたり(爪が食い込んで痛い)、

金縛りは起きるし、食い縛って寝るせいで顎が痛いし、

夢の中でも仕事をするし、まるで疲れが取れない。

多分体力的なところは、睡眠時間でカバーしたのかもしれませんが、

(22時までに無理矢理寝るようにした、何度起きても良いように。)

気持ち的にはとてもじゃないですが、疲れていましたね、

 

なんか辞めていく人の気持ちが分かる気がしました。